2020年06月12日

阿蘇夢蛍オートキャンプ場

小さい小川と自然に囲まれたキャンプ場

キャンプは生垣で区画分けされたサイトで数は少な目。7組程度しかキャンプできない。

標高約700mで草地のサイト。オートサイトには電源あり。

大人二人子供二人で5000円弱だった。

受付はピザ屋で行う。ピザ屋は結構人気があるらしく、山奥にもかかわらず多くの客で賑わっていた。

サイトのすぐ横には小川が流れており、水遊びができそう。

炊事場は1か所。蛇口も1か所。

トイレは男女別に分かれており、比較的きれい。洋式トイレもある。

春先にはタラの芽などの山菜も採れそう。

子供たちはバドミントンをしていた。まったくラリーは続かないようだったが・・・

バドミントンに飽きたら川でカニを5匹ほど捕まえてきていた。

家に到着するころには暑さで茹でカニになってしまうので、逃がしてやった。

夕食はキーマカレーとローストビーフ。

ところがコメを忘れたので「ほっともっと」で購入。

カレーはすっかり冷めていたので温めなおそうとしたが、今度はコメが冷えるという負のスパイラルが・・・

コメの熱でカレーが温まることを願って、食ってみた。意外といけた。

ローストビーフはふるさと納税でゲットした上等なお肉なので失敗は許されない・・・頑張って作った

そのかいあって絶品のローストビーフが出来上がった。今回のキャンプで唯一の大成功かな?

その後は子供の謎ルールトランプゲームが開催されていた。

私は焚火の火が消えるまで、火の番を楽しませてもらった。

6月とはいえ中々冷えたが、夏用の寝袋で十分快適に過ごせた。

深夜野良猫がごみを漁りに来て目が覚める。ごみはちゃんと片付けよう・・・

翌朝はいい天気だった。予報は雨80%だった為か貸し切りでキャンプできた。よかった。

朝片づけをしていたら、オーナーがやってきて「時間を気にせずゆっくり過ごしていいよ」とありがたい言葉をもらった

まぁもともとチェックアウトが12時だったので、十分ゆっくり過ごせたと思う。

それにアップルパイをもらった。シナモンが効いたしっとりとしたアップルパイだ。ちょー美味かった。


今回初めて導入したテントだが、出入り口が1か所なので、風通しは悪かったな・・・真夏は少々厳しいかも・・・

子供も大きくなってきたので、ちゃんとした椅子とテーブルを導入した。

椅子は収束タイプをチョイス。テントやタープが細長く収納するタイプだったので、同じく細くなるタイプの椅子がいいと思った

結果積み込みやすくて、このチョイスは正解だった。

いろいろ試行錯誤して荷物を小さくまとめようとしてきたが・・・結局先人の知恵が一番正しかったな・・・

今度はサイトをスマートにまとめたいもんだ。いつもゴチャゴチャになる・・・
posted by コーガ at 22:31| Comment(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。